計器飛行証明

FAA計器飛行証明$17,835

Class Image 1 / クラス画像1 Class Image 2 / クラス画像2

悪天候の中でもより安全に目的の空港までフライトするためのレーティングです。(自家用以上のライセンス保持者対象金額)

管制官の指示のもと計器を使って高度、方位、速度など守ってフライトし、他機と接触することなく雲の中や視界不良の中もフライトできます。高い高度を飛びがちな飛行機には、持っていると安全な計器飛行証明。特にプロフェッショナルパイロットには安全性確保にためにハイレベルなスキルが要求されます。

低い雲の上空には、素晴らしい雲海が待っています。

地上の目標物を頼りに飛ぶVFR(有視界飛行方式)とは違い、VORやGPSなどで自機の位置を確認し、目的地までたどり着きます。 アプローチを正確に行えば、雲を抜けた瞬間に目の前に広がる滑走路を見る事が出来ます。パイロットとしての醍醐味の一つですね。

訓練費

$$17,835

この他に訓練諸経費、滞在費、航空券代等がかかります。詳しくは料金詳細をご覧下さい。

コース内容

  • TSA登録/VISA発行
  • 飛行訓練:82時間(うち野外飛行50時間、試験2時間)
  • シミュレーター訓練:5時間
  • 座学講習:45時間
  • FAA学科試験
  • 実地試験

ライセンス取得までの流れ

おおよその期間:備考:
野外飛行&座学講習3週間インストラクターと共に計器飛行のスキルを習得
シミュレーター1週間ホールディング、アプローチの集中トレーニング
学科試験受講70%以上で合格
試験対策飛行と座学2週間ラストスパート
実地試験口頭試問とフライトテスト
合計: 1.5〜2ヶ月(自家用ライセンス取得後)

使用機体

自分にあった機体があるはず。

Cesna C152

米セスナ社2人乗り高翼機訓練機としてのスタンダード機。

Cesna C172

米セスナ社4人乗り高翼機訓練機としてのスタンダード機。

Warrior

米ウオーリア社4人乗り低翼機訓練機としてのスタンダード機。

料金詳細

アメリカでの訓練費に加え、渡米準備費、その他の訓練諸経費を合わせた合計金額のお見積もりです。

ライセンス取得後は...

アメリカでは以下の様なフライトで楽しめます。

  • 悪天候のためのフライトキャンセルが激減。
  • 沢山の空港のアプローチを制覇しよう

日本では習得したスキルが生かされます。

  • 自家用フライトでの思わぬ悪天候にも、不慮の事故を回避出来ます。
  • 計器飛行証明の訓練にスムースに入る事ができ、試験においてAirworkの一部が免除されます。