飛行機 使用機種

Language:

機種データ - 飛行機

Cessna C152 - 米セスナ社

Model Image 1 / 機種画像1

アメリカセスナ社で作られた2座席・固定三輪車ギア。Utility Categoryの航空機で、個人および飛行訓練機として多用されている。
最初の生産型は1977年。セスナ450の改良版。

Cessna 172 - 米セスナ社

Model Image 1 / 機種画像1

安定性と信頼性の高いセスナ 172 は、レンタル航空機の中で最も幅広く利用されている航空機であり、ほとんどの航空学校でも使用されているため、たいていのパイロットが、少なくとも数時間はセスナ 172 で飛行した経験を持っています。最初のプロトタイプが 1955 年に完成されて以来、35,000 機を超えるセスナ 172 が生産され、世界で最も人気の高い単発機となっています。セスナ社の最初の三輪式航空機の 1 つである 172 は、当時増え始めていた企業パイロットたちの間で瞬く間に大人気となりました。セスナ 172 の信頼性と操縦のしやすさ (積み重ねた技術と改良の賜物) が、数十年にわたる同機の揺るぎない人気を支え続けています。

Cessna 172RG - 米セスナ社

Model Image 1 / 機種画像1

セスナ 172RG。セスナ172型の高性能版。特徴的な引込脚と定速プロペラを装備し、172シリーズの中では卓越した巡航性能を誇る。設計は徹底してシンプル、引込式主脚の脚柱パイプは緩衝装置の役割をする。

Cessna 172SP - 米セスナ社

Model Image 1 / 機種画像1

172 への改良は常に慎重に選択された結果、加えられた改良は例外なく優れたものでした。セスナ 172 には、1960 年には特徴のある後退尾翼が、1962 年には視界の良好な広角型リア ウィンドウが採用されました。また 1964 年には、オリジナルの 172 シリーズが装備していた 6 気筒空冷式のコンチネンタル エンジンから、150 馬力のライカミング エンジンに換装されました。セスナ 172SP は、さらにエンジンが改良され、最大離陸重量も大きくなりました。 セスナ 172SP には、燃料噴射式、180 馬力のテクストロン ライカミング IO-360 エンジンが搭載され、172R に比べ出力が 20 馬力アップし、最大離陸重量も 250 ポンド (113.3 kg) 増えて 2,550 ポンド (1,155.1 kg) になりました。

Piper Warrior - 米パイパー社

Model Image 1 / 機種画像1

The New Piper Aircraft, Inc.(パイパーエアクラフト)はアメリカの軽飛行機メーカーである。フロリダ州ベロビーチにある。 初期のPA-28-160 は1961にPA-22 の改良版として世に出回った。PA-28家族の全ては金属製の単発エンジンの4座席。減圧されたであるピストン動力を与えられる低取付けされた翼が付いている。三輪車ランディングギヤー装着。