飛行機 使用機種

[機種データ]
Cessna 172米セスナ社

Model Image 1 / 機種画像1Model Image 2 / 機種画像2Model Image 3 / 機種画像3Model Image 4 / 機種画像4Model Image 5 / 機種画像5

[特徴]

安定性と信頼性の高いセスナ 172 は、レンタル航空機の中で最も幅広く利用されている航空機であり、ほとんどの航空学校でも使用されているため、たいていのパイロットが、少なくとも数時間はセスナ 172 で飛行した経験を持っています。最初のプロトタイプが 1955 年に完成されて以来、35,000 機を超えるセスナ 172 が生産され、世界で最も人気の高い単発機となっています。セスナ社の最初の三輪式航空機の 1 つである 172 は、当時増え始めていた企業パイロットたちの間で瞬く間に大人気となりました。セスナ 172 の信頼性と操縦のしやすさ (積み重ねた技術と改良の賜物) が、数十年にわたる同機の揺るぎない人気を支え続けています。

[データ]

 
乗員:1名
定員:4名(乗客3名)
長さ:7.9 m
26 ft 11in
全幅:10.9 m
36 ft 0 in
高さ:2.7 m
8 ft 91/2 in
翼面積:16.2 m2
174 sqft
空虚重量:641 kg
1,414 lbs
最大離陸重量:1088 kg
2,400 lbs
エンジン:ライカミング
0-320-D2J/160馬力
主回転翼直径:N/A
最高速度:293 km/h
158 knots
巡航速度:222 km/h
120 knots 75% power, 8,000ft
失速速度:85 km/h
46 knots (flap down)
最大翼面荷重:67 kg/m2
13.8 lbs/feet2
サービス天井:3962 m
13,000 feet
ホバリング限界高度:N/A
離陸滑走:271 m
890 feet
上昇率:3.5 m/sec
700 feet/min
航続距離:815 km
440nm 75% ower, 8,000ft
航続時間: 3時間48分
75% power, 8,000ft