日本事業用操縦士準備コース

Language:

日本事業用操縦士 準備コース$34,305+渡米前準備コース28万円(+消費税)

Class Image 1 / クラス画像1 Class Image 2 / クラス画像2 Class Image 3 / クラス画像3

日本の事業用操縦士の基礎トレーニングを機体レンタルの安いアメリカで

日本のロビンソンR22のレンタル代は高いところで時間当たり8万円程度。 それを機体レンタル代が3分の1のアメリカで事業用操縦士の導入訓練をします。 先ずはFAA(アメリカ航空局)の自家用ライセンスを取得した後、40時間の機長時間を付けながら基礎的な操縦技術を高めます。 高い技術レベルが要求される日本の事業用免許だけに、基礎トレーニングが重要視されます。アメリカでエアワーク、ホバーワーク、タッチアンドゴーの技術を完璧にして、日本で航法を習得するという効率的なコースです。 またアメリカでの訓練は日本のシラバスに則しているだけでなく、日本のプロパイロットとしての心得も同時に学びます。誰でも簡単に取得出来る免許ではないので、心技体、バランスよく向上させていくべきでしょう。

訓練費

$ 34,305

プラス 入校費28万円(渡米前講習を含む)
もしくは$2,500(アメリカに直接くる方)

この他に訓練諸経費、滞在費、航空券代等がかかります。詳しくは料金詳細をご覧下さい。

コース内容

  • 渡米前講習もしくはアメリカでの基礎講習50時間
  • TSA登録/VISA発行
  • 飛行訓練:50時間(同乗40時間、単独10時間)
  • 座学講習:50時間
  • FAA学科試験
  • FAA航空身体検査
  • 実地試験
  • 機長時間付け:40時間

ライセンス取得までの流れ

おおよその期間:備考:
渡米前講習2週間〜4週間沢山の知識を習得。
同乗教育4週間沢山の技術を学ぶ。
学科試験70%以上で合格
単独飛行1週間1人で10時間の飛行経験。
野外飛行2週間遠くの空港へ。航法のトレーニング。
試験対策の飛行1週間さらに磨きをかけて。
実地試験口頭試問とフライトテスト
機長時間付け4週間エアワーク、ホバーワーク、タッチアンドゴーを基本とした導入訓練
合計: 約4ヶ月

使用機体

自分にあった機体があるはず。

Robinson R22

米ロビンソン社2人乗り訓練機としてのスタンダード機。

料金詳細

アメリカでの訓練費に加え、渡米準備費及び滞在費、その他の費用を合わせた合計金額の見積もりです。

ライセンス取得後は...

日本の提携先とタイアップして、効率的に訓練を進めます

  • 日本での訓練の模様はこちらから