フライトスクール訓練生の声

訓練生の声 - 新屋 雄二さん

Image 1 / 画像1
名前: 新屋 雄二さん(69歳)
出身: 東京都
コース: ヘリコプター自家用ライセンス
備考: 還暦でライセンス取得した少林寺の御師範

私は還暦の年にヘリコプターのライセンスを取得することが出来ました。操縦技術よりもタワーとのコンタクトに苦労した事を思い出します。最初のテストは、7月の暑い日でしたが試験中タワーから聞こえてきた言葉は“メリークリスマス”でした。そのまま直進したら試験官から試験の終わりを告げられました。ヘリを降りると中村創教官から“メリークリスマス”は“メイクスリーシックスティー”とタワーは言ったんですよと教えられ愕然としました。 英語力の足りなさを反省した事を今でも思い出します。人間の耳は知らない言葉は、英語、日本語を問わず雑音にしか聞こえません。聞こえないのと一緒です。あれから9年今では一年に一回か二回LAの空を少林寺拳法の仲間を誘って楽しんでいます。

教習を始めた頃、"Runway(滑走路)"を"Run away(逃げる)"と読んで、本当に逃げ出してしまわないか心配になりました。お弟子さんたちには見せない陰の努力で、見事ライセンスを取得されたときのあの嬉しそうな顔、今でも忘れません。またフライトしに来て下さいね!