スカクリブログJAPAN バックナンバー

みなさんこんにちは。スカイクリエーションの伊藤です。

今日R66の初フライトをしてきました。

まずはやっぱりあのタービンエンジンのスタート音、いいですね〜。

エンジン始動も簡単で初めての私でもできました。

 

今日はR66に慣れるということだったので基本的なフライトを主に行いました。

私の感覚ではR44のように安定しているのにR22のようにクイックに飛ばしやすいという感じでした。

はやく次のフライトがこないかな??

今日のお話は「コックピットの中を見てみよう。」です。

 

では、早速見てみましょう。

計器

ちなみにこのヘリコプターはKOSヘリクラブのクラブ機R22のものです。

前に見える計器類、このヘリコプターの計器盤は10ホールと言って10個の計器がつくようになっています。10個の他に中央上部に一個、計器盤の下に8個、その他外気温計などがあります。

 

計器盤には計器の他にワーニングライトと言って異常がある時に点灯するライトが約10個。

 

写真ではわかりにくい(写っていない)ですが、

無線機:空港等でタワーと交信する時に使う。

トランスポンダー: レーダーに自機の機影を映すもの。

VOR:航行援助の為の電波受信機

などがあります。

 

スイッチ類: メインスイッチ、クラッチ、ライト類のスイッチ。

 

そして、その他にはもちろん操縦するためのもの:サイクリック、コレクティブレバー、ペダル

 

などなど・・・、細かいものまであげるときりがありませんが、たくさんのものがあります。

 

このようにコックピットの中にはいろんな計器やスイッチ塁、操縦系統、通信機器等があります。

パイロットはフライト中はもちろんですが、エンジン始動の前からこれらのものを使いチェックをしながら飛ばないといけないのです。

って書くと、大変だな〜と思いますが、みなさんも車を運転する時、いろんなチェック(確認)や操作をしていると思います。

例えば燃料の量とかスピードとか、エンジンの回転数、エンジンの温度のチェック・・・そして操作では、ハンドル、アクセル、ブレーキ、シフト、ライトのスイッチ、ウインカー、ワイパー等・・・それと同じですよ。

 

一つ、車と大きな違いがあります。

それは、操縦が右席でも左席でもどちらでもできるということです。

 

車の場合は教習所の車はブレーキのみ教官席にもついていますが、一般の車には助手席には何もついていませんよね。

ヘリコプターの場合は教官席でもすべての操縦ができるようになっています。

ということで、今日はココまで・・・。

 

次回の予定は「計器について。」です。

お楽しみに・・・。

今日はテールローターについて。

 

だいたいのヘリコプターにはテールローターと呼ばれる小さな羽が後ろについています。

まず写真から:白黒の縞模様の羽

テールローター

このように後ろに縦向きについています。

ということは揚力(浮く力)としてではなく横向きの力がかかっています。

なんででしょうか?

まずはじめにもしなかったらどうなるのか?

テールローターがなかったらヘリコプターはぐるぐると回転してしまい、同じ方向を向くことができません。

この回ろうとする力のことを「メインローターの反動トルク」といいます。

メインローターが回転してヘリコプターが浮く力を出しているのですが、その時に胴体をメインローターとは反対方向にまわす力が発生します。これが反動トルク。

 

例えば、くるくると回る椅子の上で実験してみましょう。足を地面から離して、両手をメインローターのように横に広げます。そして勢いよくまわしてみましょう。すると椅子(体)は手をまわそうとした方向と逆に動くはずです。

これが反動トルク。

今度は足をつけて踏ん張ってみましょう。今度は手をまわしても椅子は回ることができません。この足がテールローターと同じ仕事をしているのです。

胴体が回ろうとしている力を止めようとする。これがテールローターの仕事です。

さらに椅子を好きな方に向けてみましょう。足を使って自由に右や左に向くことができますね。

そう!テールローターはヘリコプターの向きを自由に右や左に向ける為にも使われているのです。

 

はじめに「だいたいのヘリコプターは・・・」と書きましたが、テールローターがないヘリコプターも実際にはあります。ここでは本題と違うので説明ははぶきますが、種類だけ紹介します。

メインローターが2枚あるもの、前後、左右、同軸反転。

テールローターの部分に横方向に風が出るもの。ノーター。

それ以外にもあるかもしれませんが、ごく少数なので私は知りません。

今日はココまで・・・。

明日の予定は「コックピットの中を見てみよう。」です。

お楽しみに・・・。

みなさんお久しぶりです。

スカイクリエーションの伊藤です。

 

今日はヘリコプターの紹介です。

普段よく乗っているヘリコプターはアメリカの会社「ロビンソン・ヘリコプター」が作っている

ロビンソンR22という2人乗りのヘリコプターです。

写真はKOSヘリクラブのR22です。

航空機には車のナンバーのように必ず番号があり、この機体はJA7875です。

JA7875

私が日本で一番乗っているヘリコプターです。

ヘリコプターのライセンスを大きくわけると2種類にわかれます。

一つはタービンエンジンのヘリコプター、もう一つはレシプロエンジンのヘリコプター。

タービンエンジンとはジェットエンジンと言った方が一般的ですね。

レシプロは車と同じピストンエンジンのことです。

自衛隊や県警、消防などの大型のヘリのすべてはタービンエンジンです。

私はレシプロのライセンスしか持っていませんのでこのR22をはじめ、R44、シュワイザー300とかの小型のヘリコプターしか乗れません・・・。

今日はここまで・・・。

現在インストラクターになる為の勉強中ということでヘリコプターに関するいろんなことをブログで紹介していきたいと思います。

次回の予定は「テールローターについて」です。

お楽しみに・・・。

 

 

みなさん、ご無沙汰しています。

スカイクリエーションの伊藤です。

今回は毎年恒例の富山県小矢部市で行われている「ヘリコプター防災&防犯フェスティバル2011」に行ってきましたのでレポートします。


もちろん提携ヘリクラブのKOSヘリクラブの会員のみんなとの参加です。

しかし、今年は天候がイマイチで参加予定していたR44(岡南飛行場から)とR44クリッパー(愛知県から)は参加を見合わせることになってしまいました・・・残念

私はR44クリッパーで行く予定でしたが、そうゆうことなので車で家族といっしょに行く事になりました。

車で向っていると高速でクラブハウス(会長とO会員)を見つけ、サービスエリアでいっしょに昼ご飯を食べてから行くことにしました。

2台同時に会場入りしてクラブ機の近くに駐車!!

一般の人は立ち入り禁止区域に毎年クラブハウスを停めさせてもらっています。主催者様いつもありがとう・・・

昼の12時から13時は飛行禁止でしたのでゆっくりして13時からフライトを行いました。

私は3人の子供たちを順番に乗せて会場をローパスして楽しみました。

2台の遊覧機の間を縫ってのトラフィックですのでいい訓練フライトができます。

特に今日はみかちゃんの初めてのヘリコプター搭乗記念日となりました。
ヘッドセットなしでうるさいと思うのですが、なくことなく外を見て喜んでいました。

夜は宿泊ホテル近くの居酒屋でいつものごとく宴会。ヘリコプターの話はもちろんみんなとても盛り上がりました。

ということで1日目はホテルで宿泊です。



ヘリフェスタ2日目です。

朝から会場では遊覧機がひっきりなしに飛んでいます。

クラブ機も会員さんが順番にフライトを楽しまれていました。

しかし、今日はクラブ機を福知山場外までもって行かないといけません。

しかも天気が悪いので携帯電話で雨雲レーダーを見ながら飛び立つタイミングを待ちます。

昼前には自衛隊の飛行展示があったりしてフライト禁止時間があり結局出発は2時過ぎになりました。

クラブ機の出発を見届けてからクラブハウスとハマーは出発です。

帰りの途中でクラブ機が無事に福知山まで到着したとの連絡を受けて一安心。

私も無事に家に到着し、クラブハウスも無事に到着したとの連絡がありました。

天気予報では雨かも?と思っていましたが、二日間ともフライトが出来てよかったです。

来年はR44も参加して3台のメンバーで行けるといいな〜。

みなさんこんにちは。スカイクリエーションの伊藤です。

 

今回は小豆島にあるリゾートホテルオリビアンまでヘリコプターで遊びに行ってきました。

名古屋西場外にあるR44に3人(オーナーさん、オーナーの娘さん、私)が乗り込み出発。

今日は靄のかかる天気で視程は最悪でしたが、とりあえずはダイレクトコースで飛ぶ事にしました。

3000フィートで行けば山は越えられるはず・・・。

滋賀通過、京都通過、大阪通過、兵庫通過、そして岡山にある岡南空港に給油の為たちよりました。

結局視程は悪いもののダイレクトに飛べました。しかし、向かい風でスピードが出ず予定より15分ほど遅れて到着でした。

岡南空港ではいっしょに行く予定のR44のオーナーさん夫妻、そしてセーフティーのSさんもちょうどR22で岡南に到着しました。

給油をすませてR44が2台いっしょにエンジンスタート!!

そしてフォーメーションで岡南空港を出発して小豆島に向かいました。

岡南空港から小豆島までは約10分少し・・・。あっという間に到着です。

しかし、物足りなかったので小豆島を半周観光してきました。

オリビアンホテルに着いてすぐに温泉に入って、マッサージをしてもらいました。

接骨院に努めているいるという先生はとても上手にマッサージをしてくれました。今までで一番きもちよかったです。

最近鍛えているせいか?田植えのせいか?しっかり鍛えられていますね。だって・・・。
しかも、背中側がちゃんと鍛えてあり、筋肉の分かれ目がはっきりとわかります。っていうことでした。

その後バイキング方式で夕ご飯を食べて、お酒も少しいただきました。

食堂から部屋に帰ってきても12時をまわっても盛り上がっていました。



次の日・・・



朝起きてすぐに温泉に入って目をさましてアルコールを抜いてきました。

そして朝食を食べてチェックアウト。

ヘリコプターの置いてある所まで車で送迎(歩いてもすぐの距離)してもらい出発準備をして出発です。

帰りも靄がかかった天気でしたが、なんとかダイレクトに滋賀まで帰ってこれました。

しかし、滋賀から愛知県へは関ヶ原を通って行きました。

帰りは予定通りに1時間半で到着でした。

久々の長距離フライトで、楽しかったのですがやっぱり視程が悪いと景色を楽しむことができないので残念です。

しかも、写真を何枚が撮りましたが1枚もいいのがなくブログ掲載なしです。すみません・・・。

みなさんこんにちは。スカイクリエーションの伊藤です。

 

今日は提携ヘリクラブのKOSヘリクラブのイベントが、東近江場外『マックスパワー(整備会社)』で行われましたのでレポートします。

今回のフライト会にはR44でのフライトもしたいという希望者がいましたので私が岡山県の岡南飛行場においてあるR44をフェリーすることになりました。

金曜日に姫路のクラブ員さんのお宅に泊めていただくことになり、仕事を終えてから夜に姫路まで電車で移動しました。

ここで、フェリーする時に考えないといけないことがあります。

それはフェリーが往復なのか片道なのか?またフェリーをしてきた所での足(車)があるかどうか?

この段取りが結構ややこしいのです。

今回は岡南飛行場からフェリーして東近江場外で車が必要でしたのでさらに前日に自分の車を東近江場外まで運んでおいてそこにしばらく停めておきました。

話を戻して・・・。

姫路で宿泊して土曜日の朝に新幹線で岡山駅まで移動、そこからバスで岡南飛行場まで行きました。

視程がかなり悪かったのでウェザーブリーフェイングをしました。私は天気の知識が苦手分野なのでこの機会にいろいろと質問をして聞いてきました。

ブリーフェイングの結果、飛べると判断して出発。

とりあえずは姫路にある場外まで飛んできました。

ここで、昨夜泊めてもらったクラブ員さんとその友人たちをピックアップして東近江場外まで出発です。

本当は一番近くなるようにまっすぐ目的地に向うのがいいのですが、今日は雲もあり微妙・・・。

伊丹空港の管制圏もあり、大きく回り込むかこのまままっすぐ行くか悩みましたが、なんとかまっすぐ行けそうでしたので伊丹の北を通過して滋賀県に入って行きました。

いつも滋賀県に向うフライトでは琵琶湖が見えるとホッとします・・・。

なんとか昼前には東近江場外に到着しました。

しかし、やっぱり視程も悪く風も強かったのでクラブ員さんたちから今日はやめておきますのキャンセルの電話が数件・・・。

そこで、私はR44で地元のフライトへ飛び立ちました。

彦根城、長浜城豊公園、自宅近くの桜、奥琵琶湖海津大崎(日本のさくら名所100選)竹生島を見て帰ってきました。

クラブ機のJA7875も本日参加のクラブ員がフライトをされていました。

今日は風が強かったのでいい訓練になったと思います。

 

二日目はうってかわってフライト日和となりました。

私はR44のセーフティーとして乗りっぱなしでした。

天気が良くてヘリコプターの中では半袖。また背中が汗ばむほどの快適な一日。

さらに水上機クリッパーも参加で今日は3台のヘリコプターが飛び交っていました。

水上機に乗り琵琶湖の上空を飛び湖西まで行ったり・・・。

天気が良かったのでラジコンの飛行機やパラグライダーもたくさん飛んでいました。

また、伊吹山山頂付近までフライトもして高いところからの景色も楽しみました。

昼ご飯を食べてしばらくしたら残念なことにR44を再び岡南飛行場まで返しにいかないといけません。

帰りは姫路の会員さんの機長で出発しました。

関西TCAにつなぎ、伊丹のPCAの下をくぐり、USJの近くを通り、神戸空港の管制圏を通過して、姫路の場外につきました。

そこで会員さんを下ろして、今度は私の機長で岡南飛行場まで飛びました。

岡南飛行場に着き、今回のフライトは全て終了!!

今まで1000回以上のセットダウンをしてきましたが、今回の最後に岡南飛行場のスポットI-60にしたセットダウンが一番うまく出来ました。

いつ地面についたのかわからないくらいにソフトランディング!!すごく気持ちよかったです。

 

さてさて、ここからが大変・・・。

岡南飛行場からバスで岡山駅まで

岡山駅から新幹線で京都駅まで

京都駅から能登川駅まで普通l電車で

能登川駅から東近江場外までタクシーで

東近江場外から自分の車で家まで帰ってきました。

 

夜は爆睡・・・。

 

次回のイベントは6月に兵庫県の出石で行う予定です。

みなさん、こんにちは。スカイクリエーションの伊藤です。

 

今日は名古屋の空から桜の花見フライトでもないけど、花見をしました。

名古屋市内のどこかの公園です。

自粛ムードなので例年に比べると少ないのでしょうか?

 

愛知県内のどこかの河川の堤防ぞいの桜です。

 

今日は日曜日で天気もいいし、桜の下ではみんなお酒を飲んでもりあがっているのでしょうね。

 

今回のフライトでのその他の写真。

名古屋駅

東山公園

名古屋空港

みなさん。こんにちは。スカイクリエーションの伊藤です。

 

みなさんもご存知のように東日本では地震で大変なことになっています。

メディア等で伝えられているのはほんの一部に過ぎず、まだまだひどいところもあるようです。

 

私はヘリコプターで宮城県をベースとして道路寸断等で孤立している所への物資輸送に行く予定でした。

しかし、ここで大きな問題が発生したのです。

原子力発電所の問題です。

すでに物資輸送をしているヘリコプターは全機被爆との情報があり、ヘリの整備士さんからストップとのこと!!

私一人のヘリコプターでない以上、オーナーさんや整備士さんの指示に従うしかありません。

ヘリコプターで人の為に活動したいと思っていたのですごく残念です。

こんな時にヘリコプターを所有していたら、間違いなくすぐに飛んで行ったと思います。

いろんな援助の方法がありますが、自分の特性を生かしてお米を送ったり、ヘリコプターで活動したり・・・。

ヘリコプターがダメになったのですが、心笙米を送ることはできます。

ちょうど明日、被災地にお米を持って行きたいという社長さんがお米をとりに来ます。

微量ですが、私の分もお願いしようと思います。

 

被災地のみなさん、がんばってください。

そしてその他のみなさん、みんなで出来ることをして応援しましょう。

みなさんこんにちは。スカイクリエーションの伊藤です。

 

今日は三重県鳥羽市にある「五感の宿 慶泉」までヘリコプターで行ってきましたのでレポートします。

名古屋西から飛び立ち、なるべくまっすぐに鳥羽市まで向います。

途中、セントレア空港の管制圏にかかりますので少しだけ左にそれます。

それ以外はほぼ直進。

 

空には道がないのでなるべく直進した方が早いのです・・・。

しかし、直進しようとすると海の上を飛ばないといけません。

普通ならライフジャケットが必要なのですが、今回は水上機ですのでジャケットなしでもOK!!

水上機の特権ですね。

 

あっという間に鳥羽市の慶泉に到着。

まずは懐石料理の食事です。

個室に案内されて・・・。

部屋からはこのように海が見えて絶景です。

伊勢エビ、うに丼、すき焼き、などなど。とても豪華な昼食でした。

 

その後、温泉につかりました。

露天風呂はもちろん貸し切り風呂などがあり、家族で行っても楽しめそうです。

 

ここのヘリポートはロビーから丸見えのところにあり、注目の的!!

緊張と共に優越感にひたり・・・テイクオフ。

再び海の上を飛び名古屋西まで帰ってきました。

みなさんもヘリコプターでいっしょに遊びに行きませんか?

参加者募集中!!

 

みなさんこんにちは。スカイクリエーションの伊藤です。

 

今日は三重県志摩市ペンションシャカまでヘリコプターで行ってきました。

数々のメディアで紹介されたことがあり、みなさんも知っている人が多いかと・・・。

 

お昼をここで食べて、再びヘリコプターでの帰り道。

 

 

 

 

 

 

帰りはちょっとコースを変えて名古屋港や名古屋駅の上空を飛んで行きました。

 

 

 

 

 

名古屋港水族館

 

 

 

 

 

名古屋駅

 

 

そしていつもの名古屋西場外へアプローチです。

 

 

 

 

 

 

 

最後に飛んでいる時に携帯に着信があり。

着陸してから電話をしてみると、今月6日に頼んでおいた”ブライトリングの電池交換”が出来ましたということでしたのでお店まで取りに行ってきました。

co-pilotのおまけ付きです。

今一番欲しいヘリコプターR66のパンフレットの上で撮影してみました。

次のフライトからはco-pilotが活躍してくれるでしょう。