スカクリブログUSA バックナンバー

中村です。

 

スカクリの生徒さんの現在もしくは以前のご職業は多種多様☆

ちょっと変わったところをあげると、ヘリの生徒さんの相川君。

男の子なら一度は憧れる“新幹線の運転手さん”が彼の前職!

グランド中にも関わらず、どうやって運転するのか執拗に聞いてしまいました。

基本的に、ブレーキとアクセルだけだそうです。

しかし、走行中はその速度は、残りの距離と到着時間から計算しながら割り出すそうで。。。

到着予定時刻のプラスマイナス15秒が誤差との事!!! さすが日本の新幹線。正確性がアメリカとは違います!

 

はじめ「でも、その速度調節、駅に着くまでの距離から算出すると、単純に残り距離からは分からないんじゃない? 駅で通過するならまだしも、停止する訳だから単純に距離を時間で割れないのでは?」との質問に、

相川君「そうなんです。だから、駅の手前のある程度の地点までの速度調整で、あとは自動ブレーキを採用しています。その後30km/時より遅くなったら、手動モードに切り替えて微調整して止まります。」

 

。。。なるほど。

そのポイントまでにかかる時間と距離から速度を割り出してスピード調整するそうです。

そのポイントから自動ブレーキによって停止して行く様を、わかり易く僕に伝えてくれる相川君です。

 

 

およそ270Km/時の新幹線を乗っていた相川君ですが、今は0Km/時のホバリングの精度を上げる為に奮闘中です★