FAA 事業用ライセンス

ホーム » 飛行機コース » FAA 事業用ライセンス

プロフェッショナルパイロットに必要なライセンスです。
(自家用/計器証明保持者対象金額)

プロのパイロットといっても様々。エアライン、チャーター、エアタクシー、観光フライト、空撮、農薬散布、ハイウェイパトロール、渋滞情報などなど。いずれにしても先ずは事業用ライセンス取得からその道は始まります。

プロの世界はパイロットの花形ながら、厳しい世界でもあります。より安全性を求められる傍ら、効率性も重視されるのが日常茶飯事。よりしっかりとした知識と判断力と技量が要求されます。

ただライセンスを取得するのではなく、プロとしての考え方、振る舞い方を同時に身につけることが就職への最低条件でもあります。スカイクリエーションでは、アメリカで活躍する現役プロフェッショナルパイロットが、実践的で高いレベルでのトレーニングと知識の習得をお手伝いします。

訓練費

$24,860

この他に訓練諸経費、滞在費、航空券代等がかかります。
詳しくは 料金詳細 をご覧下さい。

コース内容

VISA発行
飛行訓練:108時間 (同乗76時間、単独30時間、試験2時間)
座学講習:50時間
FAA 学科試験 / 実地試験

ライセンス取得までの流れ

おおよその期間: 備考:
野外飛行にて時間付け 4週間 いろいろな空港へ行って経験を積む。
単独飛行 2週間 機長としての判断力強化。
座学講習 Complex Airplane のシステムを学ぶ。
学科試験 70%以上で合格
同乗教育 2週間 可変ピッチプロペラや引込み脚の飛行機に慣れる。
試験対策の飛行 1週間 アドバンスのフライトマニューバーを練習。
実地試験 口頭試問とフライトテスト
合計: 合計約2〜3ヶ月
実物のパイロットライセンスの写しです

使用機体

Cesna C152
Cesna C152

米セスナ社2人乗り高翼機訓練機としてのスタンダード機。

詳細はこちら

料金詳細

アメリカでの訓練費に加え、渡米準備費、その他の訓練諸経費を合わせた合計金額のお見積もりです。

こちらよりコースの詳しい見積書がご覧頂けます

ライセンス取得後は...

アメリカでは以下の様なフライトで楽しめます。
  • 25マイル以内での観光フライト
  • Student Instruction / Ferry or Training Flights / Aerial Work Operations等
  • フライトインストラクターへの受験資格