ヘリコプターコース

ホーム » ヘリコプターコース

パイロットに挑戦!
フライトスクール

職業ヘリコプターパイロット養成コース

$55,610 +
渡米前準備コース28万円 (+消費税)

日本の事業用操縦士の訓練課程に備えた、アメリカでの準備コースです。

各都道府県へのドクターヘリの配置や、機長、副操縦士の最低飛行時間の業界規制により、職業ヘリコプターパイロットの需要が高まっています。また現在活躍する職業パイロットは年齢層が高く、定年退職者補充の為の需要も拡大し、エアライン同様深刻なパイロット不足です。

訓練の流れとしては、アメリカで自家用パイロットライセンスをシングルタービンエンジンのヘリで合格し、ヘリの単価の安いアメリカで合計35時間の機長時間付をします。その後日本に自家用パイロットライセンスを書き換えた後に、日本において事業用操縦士資格を取得し、職業パイロットとして就職を目指します。

詳細を見る

FAA 自家用ライセンス

$28,660 +
渡米前準備コース28万円 (+消費税)

友人や家族を乗せてふらふらと空中散歩。

そんなことができるパイロットライセンスが、自家用ライセンスです。フライトクラブの機体を休日にレンタルして、あなたも大空を自分のものにしてみませんか?

アメリカのトレーニング費は日本に比べて約4分の1。滞在費等を含めても日本の3分の1程度の金額でライセンスが取得出来ます。

車や船のライセンスを持っている方は沢山いますが、飛行機のライセンスを持っているなんて、ちょっとカッコいいですよね。

さらにアメリカでのチャレンジと言うことは、ちょっとした留学気分も味わえます。トレーニングの休みを利用して、思う存分アメリカ生活をエンジョイしてください!

詳細を見る

FAA 事業用ライセンス

$41,550

悪天候の中でもより安全に目的の空港までフライトするためのレーティングです。
(自家用以上のライセンス保持者対象金額)

プロのパイロットといっても様々。報道、消防、防災、警察、観光フライト、空撮、農薬散布、ハイウェイパトロール、渋滞情報などなど。いずれにしても先ずは事業用ライセンス取得からその道は始まります。

プロの世界はパイロットの花形ながら、厳しい世界でもあります。より安全性を求められる傍ら、効率性も重視されるのが日常茶飯事。よりしっかりとした知識と判断力と技量が要求されます。

ただライセンスを取得するのではなく、プロとしての考え方、振る舞い方を同時に身につけることが就職への最低条件でもあります。スカイクリエーションでは、アメリカで活躍する現役プロフェッショナルパイロットが、実践的で高いレベルでのトレーニングと知識の習得をお手伝いします。

詳細を見る

FAA インストラクターライセンス

$29,910

新たなパイロットを育てながら、自分自身のフライト時間を増やそう
(事業用ライセンス保持者又は取得見込み者対象金額額)

人に教えることはとても難しい事です。確かな知識と技量だけでなく、インストラクターとしての人間性も豊かでなければなりません。訓練生に教えているうちに、気づいたらものすごく自分の技量が伸びている事に驚くでしょう。 そして自分の訓練生がソロで飛び上がった時の緊張と感動や、チェックライドに合格してパイロットになった瞬間の喜びに満ちた顔を見たとき、インストラクターのやりがいを十二分に感じる事ができるでしょう。

また、航空業界はフライト時間が履歴書の様なものです。時間数が多いパイロットはそれだけ経験値が高いと思われています。プロフェッショナルパイロットとして就職するには1000時間から2000時間は最低必要。その時間を訓練生を教える事により、自分のフライト時間とカウント出来るのもインストラクターのうまみでもあります。

詳細を見る

日本事業用操縦士 準備コース

$39,450 +
渡米前準備コース28万円 (+消費税)

日本の事業用操縦士の基礎トレーニングを機体レンタルの安いアメリカで

日本のロビンソンR22のレンタル代は高いところで時間当たり8万円程度。 それを機体レンタル代が3分の1のアメリカで事業用操縦士の導入訓練をします。 先ずはFAA(アメリカ航空局)の自家用ライセンスを取得した後、40時間の機長時間を付けながら基礎的な操縦技術を高めます。 高い技術レベルが要求される日本の事業用免許だけに、基礎トレーニングが重要視されます。アメリカでエアワーク、ホバーワーク、タッチアンドゴーの技術を完璧にして、日本で航法を習得するという効率的なコースです。 またアメリカでの訓練は日本のシラバスに則しているだけでなく、日本のプロパイロットとしての心得も同時に学びます。誰でも簡単に取得出来る免許ではないので、心技体、バランスよく向上させていくべきでしょう。

詳細を見る

追加/転入 その他のコース

  • JCAB事業用操縦士 プロパイロット対策コース
  • ヘリコプターライセンス保持者の追加ライセンス
  • 他校からの転入コース
  • 計器飛行インストラクターライセンス
  • 多発エンジンインストラクターライセンス

お問い合わせはこちらから