求人情報

ホーム » 学校・会社紹介 » 求人情報

求人情報

US Green card (永住権) 取得 サポート

US Green card (永住権)

アメリカのエアラインで就労するには、最低でもUS Green card(永住権)が必要となります。
弊社にて就労しながら、その評価実績を元に専門家に永住権の申請を依頼し、数年掛けて取得していきます。永住権の取得可能性に関しては、その人の経歴や移民局の受け入れ状況により異なりますが、スカイクリエーションはエアラインパイロットへの夢を持つ生徒さんに対して最大限応援しサポートしています。

Part 135 への就職サポート

Part 135 への就職サポート
← 約1年半~2年間 → ← 約1~2年間 → ← 約2年間 →
ライセンス取得期間 教官業務期間 永住権申請期間 Part 135就職

提携先の Part135(不定期運送事業)運航事業会社へパイロット斡旋を致します。エアラインでの就職をより可能にする為、Part135 での飛行実績はとても有利になります。提携先事業会社は主にロングビーチ空港を出発地としておりますので、慣れ浸しんだ空港からパイロットとしての技能および実績を高めていきます。

日本人教官数最多

日本人教官

日本人による、日本人の為のスクールとして海外ライセンス取得をサポートします。日本のエアラインを目指す方には、提携先の本田航空と打合せした訓練カリキュラムを採用し、日本の事業用訓練を想定したきめ細かな訓練を致します。またアメリカでの進路を選択された際には、アメリカのPart135(不定期運送事業)の現役日本人パイロットの教官が指導にあたります。ログブックの記入の仕方を見ても日米では異なります。その様な細かい所までも分かりやすい日本語で丁寧にサポート致します。

平均インストラクタータイム 8,500 時間以上

インストラクター

アメリカの教官(CFI)は経験作りの性質上、一過性の職種として思われている傾向があり、ローカルのフライトスクールにおいては若手のCFIの訓練の質に影響がでる事が往々にしてあります。当校では飛行教官として長年の飛行経験を有するベテランが活躍しながら、若手教官を牽引しております。毎週教官陣だけでの勉強会を行い、知識や飛行手順などの統一化することで、質の高い訓練をご提供できるように力を入れています。

年間飛行可能日数 88% (過去2年間の実績)

年間飛行可能日数 88%

ロングビーチ空港は緯度的に高気圧になりやすく、晴天に恵まれています。そのお陰で夏は涼しく、冬は暖かく飛行訓練には最適な条件となっています。悪天候によって何日間も飛べないという事は無く、訓練期間を短縮出来る一つの要因にもなります。

本田航空との提携

本田航空との提携

本田航空と提携し、海外ライセンサーコースの初等訓練を担当しています。アメリカでの訓練で費用を抑え、日本の事業用操縦士資格を取得した後にエアライン会社に就職すると言う流れが定着しています。また近年の就職率は高く、本田航空海外ライセンサーコースの卒業生実績は平均 90% を超える就職率です。本田航空及び将来のエアライン就職に向けての基礎訓練からエアマンシップ構築まで、スタッフ全員で訓練生のエアラインパイロット就職までをしっかりとサポートします。